トップページ | 平兵衛まつり 2014 (鉄道総研一般公開) »

2013年10月12日 (土)

平兵衛まつり 2013 (鉄道総研一般公開)

鉄道総研 正門 今年も
「鉄道記念日」が近づいてきました。

仕事はお休みだったので、
行ってきました。

鉄道総合技術研究所の一般公開、
「平兵衛まつり」

今回は、前回見れなかったレールの破断試験を見るため、午前中に総研へ。

今年は、ひかりプラザ前周辺でのお祭りはやっていなくて、「あれっ?」って感じ。
ともあれ中へ。

10時半になるので、レール溶接の実演場所へ急ぐ。

テルミット反応  camera  レール研削作業

溶接作業の様子は昨年の記事をご覧ください。『「鉄道の日」関連イベントへ… 国立編

今回は、昨年見なかったレールの研削作業も見ました。

レール研削の様子  camera  ほぼ完了…実際の現場ではもっと綺麗に仕上げるよそうよ。

パンタグラフ総合試験装置
破断試験の時間まで、
別の実験棟を見てまわったり・・・。





謎(?)の試験車両

見慣れない試験車両がありました。。。







破断試験装置 upwardleftこの大きな機械で先ほどのレールを割ります。

実演開始~説明中。  camera  先ほど溶接を終えたレールを試験機へ…

説明員さんの入所する以前は、周りの網や、破断するレールを繋ぐワイヤーが無かったので、破断の際は↑写真の奥にある木の壁に、レールの破片が突き刺さるほどだったそうで、
レールが破断する際のエネルギーの凄まじさを語っていました。

下からレールを押し上げ加圧中
レールが破断する寸前、約 150㌧がレールに加わっていて、25㍉歪んでるとの説明。
で この直後、物凄い音とともに、溶接部分が割れ、床に落ちました。。。

実際には、147㌧で溶接部が破断。
通常は 110㌧、10㍉変形で破断しなければ合格との説明。

破断面
ハイトラムの試乗は12時半~。今日は暑くて待つのも時間の都合もあり、断念しました。

この後、適当にぶらぶらと所内を散策して、帰途に着きました。



東芝府中のゴサゴと103系

帰途、
まっすぐに帰らず府中本町経由で気になったものを。

見ることはあってもカメラ持って無かったりで、撮ることなかったので電車を降りてチョッと撮影。

手前のモーターカーが無ければ・・・。

 

もひとつオマケ。

拝島に来ていた高崎のE233  camera  拝島に来ていた高崎のE233

拝島に 高崎の E233が 止まってました。どうやら団体臨時のようで。
情報誌とかここ数年読まなくなったので、全然知りませんでした。

トップページ | 平兵衛まつり 2014 (鉄道総研一般公開) »